Lot 組み合わせ、権限モデルとテナントモード (INN)

色々と書きたいことが入り組んでいて困っている John です。

※ 一応 R23開始 と Lot 組み合わせ の続きです。

結局 Kickstarter 後の追加キャンペーンで Lord をもう一個 Pledge して Tax Free Town Lot を2個確保しました。
追加キャンペーン期間中は各種 Stretch Goal も出資募集 (成功時には EPISODE 1 までに実装され、失敗時はEP1以降に実装) していたのですが 失敗したものの中に Flexible Placement という機能がありました。

Flexible Placement では Lot 内に Lot の大きさよりも小さな建物を建てた際に中央寄り固定ではなく、脇に寄せたり建物を回転させたりできる筈でした。

Lord Marshall レベルのPledge についてくる建物に「Lord Marshal Hall Town Home」というものがあります。

 


この建物、珍しいことに裏口が建物の右側についています。この間取りを見ていてピピピッと来たのです。Town Lot を二個連結すれば疑似Flexible Placement ができるではないか!と。

PoTオーナーとして Town Lot の敷地を有効利用して一般客向けのサービス(地下室)を提供するのはもともと考えていたことでしたが、当時は権限モデルがシンプルで公開・非公開だけだったので複雑な構造は実現不可能でした。

Kai ではTown Lot を二個連結し、塀を有機的に配置することによって公開側Lot に設置した温室への侵入経路を非公開側Lotを経由するようによって「公開Lot」に「非公開構造物」を配置することを実現しました。

Town Lot 二個連結

その後の権限モデル
現在の SotA の建物の権限モデルは Guest、Kindred、Trustee、Co-Owner、Owner 等の段階に分かれていて:

Guest - 施錠されていないドアの開閉、Lot 内のアイテムを使用可能。移動・撤去はできない。
Kindred - アイテムの移動・撤去ができる。
Trustee - Guest / Kindred の権限設定ができる。
Co-Owner - 土地所有者のできることはほとんどできる。
Owner - 建物の建て替え、Deed の回収ができる。

となっています。また、アイテム毎に移動・撤去に必要な最低権限レベルが設定でき (デフォルトでは Kindred レベルの権限が必要)、ギルドメンバー全員に Kindred アクセスが付与される Guild Chapter House モードのでの運用時には各アイテム毎に個別に最低権限を Co-Owner 等にすることによって ギルドメンバーは使用可能だが移動不能等の設定ができるようになっています。

特に権限を設定していないのであれば Kindred 以上のメンバーは誰でも土地内に物を設置し、移動し、撤去ができるため、メンバー間の高い信用・信頼が必須でした。

INN と テナントモード
ここで登場するのが INN型建物と テナントモードでした。テナントモードは R44 で実装された新しい権限モードで、プレイヤーを土地の Tenant として設定すると以下の事象が発生します。
  • テナントが設置した物品はテナント本人 以外移動・撤収不可 (オーナーであっても!)
  • テナント権限が解除されるとテナント所有の物品は自動的に現地の銀行に移動される。



これでもう少し共同生活がやりやすくなりました。
とは言っても テナントモードは建物全体にかかるため部屋個別に設定はできません。
プライバシーを確保するためには土地オーナーが部屋のドアに対して Lock 属性を付与して、そのテナントだけしか開け閉めできない設定する必要がありました。この追加作業の結果 「建物のどこにでも物を置けるし所有権はキチンと守る、ドアの開閉設定に権限設定することによってプライバシーも守れる」ようになったわけです。

INN型建物はテナントモードでの運用が前提となっていて、各部屋に個別に扉がついているデザインになっています。INN型建物をPoTに設置することによって土地を買う予算の無いプレイヤーでも個室を持てるようになります。

テナントモードはとても便利ですが、一つ注意事項があります。テナントは「建物のどこにでも物を置ける」んです。「他テナントの部屋には入れないけど共用部分は自由自在、しかもオーナーでも一度置かれたものは撤去できない」。つまり悪用された場合に邪魔な物を撤去する唯一の方法はテナント権限解除による対象テナントの全物品強制返還ということになります。

※ INN 内に設置した掲示物を読むのに必要なアクセス権限は Kindred 以上となるので 非入居者である Guest は読めません! Publicアクセス可能な掲示板を置きましょう!

Kai の INN
Kai の INN は港付近にある「Widow's Walk Inn」です。「Widow's Walk」は裕福な船乗りの奥方用の設計の建物で、屋上に遠くを臨める出窓がついていて、いつでも水平線を眺めることができるようになっています(肝心の旦那さんが生きて帰ってこないことが多いので Widow = 「未亡人」 という名前になっています) 。

Kai の Widow's Walk Inn では幽霊猫と幽霊鴉、不気味な姿見と余剰素材で作った数字パズル?等がお待ちしております。

Widow's Walk Inn

住めば都!?

コメント

  1. Lord Marshal Hall Town Homeは、特別な建物だったんですね。
    innも建物毎に設定があるの事知りませんでした

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

猫と不死属性と猫大虐殺

Shroud of the Avatar、初心者POTオーナーメモ (1/3)

Shroud of the Avatar、初心者POTオーナーメモ (3/3)