正式サービスINしてから一か月

R23から大きく飛んで今は Release 53です。
ようこそ、我が世界へ……

Shroud of the Avatar は Release 52 にて Episode 1 が正式リリースされ、製品版となりました。
EUの GDPR (EU一般データ保護規則) ともかち合って荒れに荒れた様子ですが無事に生きています。

PoT Kai はこの間ずっと眠っていたわけではなく、順調に拡張して Hamlet → Village → Crossroads Village → Town まで進化しています(といってもNPC設置数と建設可能面積が増えるだけで、島の形状はかわりません)。

R23 から R53 までの間に色々とありました。

  • 島が少し平らになって建築可能な場所が増えました。マップ左下や右下の島の平地が増えています。
  • 要望に出していた 桜の巨木が3年以上たっても実装されません。 Ardoris の街中に桜があるのに巨木は出てこないみたいです。
  • お墓が実装されました! (R53) やっとバックグラウンドストーリーに見合ったお墓が建てられます。難破船の残骸は船システムの実装待ちですね。
  • 木や草を除去する機能が実装されて、Paver を敷き詰めなくても良いようになりました。
  • Remote Bank Access Device という各プレイヤーが個別に所持できる銀行アクセスデバイスが実装され、NPC銀行設置の負荷が減りました。
  • 神殿 (Devotion) が実装され、住民数に応じて Blessing が得られるようになったり、PoT が 悪のNPC勢に襲撃されるようになりました。 Kai は料理を少し優先しているので Devotion of Justice が設置されています。泉に浸ると8時間の料理ボーナスと魔法失敗率低減 (微量) がつきます。
そしてなんと!

入植者が来てくれました!ぼっち離脱です!

村上水軍ギルド、お世話になっています。



コメント

  1. 住民にして頂いてありがとうございます。
    本当に素敵な島だと思います。kaiをwillowと微力ながら盛り上げて行ければなと思います。宜しくお願いします

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

猫と不死属性と猫大虐殺

Shroud of the Avatar、初心者POTオーナーメモ (1/3)

Shroud of the Avatar、初心者POTオーナーメモ (3/3)