Castle島の整備

ご無沙汰しております。あけましておめでとうございます。

今日は Kai 島の Castle 島の整備を行いました。


Island 街テンプレートにはちょうど Castle サイズ (80m x 120m) の土地が置ける島が右上にありますが、ここに City Lot を設置して City 外周を POT上配置で塀を設置。

まずExcel 方眼紙で図面を起こします。塀は一辺が 10mで、80m x 80m の塀を配置するので一寸のズレも許されません。



今回は Castle ジャストサイズなので Castle Lot を設置して平地であることの確認を取り (地面が凸凹しているとオブジェクトを設置できません)、四方を Ivy Corner Fence で縁取りします。

Island Template はなぜか座標系が丁度 15°ずれていて、 CTRL+Q/E での 45°回転では塀が配置できません。そこで Options を開いて 15°回転を ALT+Q/E に割り当てます。



これで毎回同じキー操作で塀を特定の角度に配置できるようになりました。

あとは壁をどんどん配置していくだけです。 Shogun Castle Wall は 1ピクセルずれると壁の継ぎ目が目立つようになるので、目線を高く設定して (PageDown) 床板の木目で整列します。



重なりに注意しながら城壁を置いていきます。



今回は建物が前後リバーシブルであることもあり、土間として置いた Dead End Roadway Paver に Lot Marker が重ならないように土地を前後逆に設置する工夫もしました。



ここら辺の工夫は Shogun Ridge POT が色々としてますので参考になりますね。

あとはフェンスや道、追加の lot 等を設置して完了です。



壁の配置が終わるまで二時間半、周辺の整備にさらに一時間ぐらいかかりました。

15°回転にキーを割り当てると壁の設置が楽になるのでうまくいきました。


コメント

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

猫と不死属性と猫大虐殺

Shroud of the Avatar、初心者POTオーナーメモ (1/3)

Shroud of the Avatar、初心者POTオーナーメモ (3/3)